ポタケの春

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバー引越のためページをリニューアルしました。これからもよろしくお願いします。

ここ2,3日は最低気温が氷点下になった日もあったが、ポタケではミズナやコマツナ、ナバナなどが花盛り。ヒラタアブ、ミツバチ、モンシロチョウなどもひっきりなしに飛来する。

ブロッコリー開花

ブロッコリー開花

コマツナの葉上ではアブラバチが忙しく歩き回っている。葉っぱを裏裏返して見ると、マミーがたくさん見つかった。いつのまに卵を産みつけたのだろう。

アブラバチはアブラムシに卵を産みつける寄生蜂。見落としてしまいそうなほど小さな昆虫だ。卵はアブラムシの体内で孵化して、その肉体を餌にして生長する。その間、アブラムシは仮死状態にあるから腐ることはない。なお、アブラバチには何種類かあるが、小さい虫なので同定が難しくて分からない。

ポタケでは、バンカープランツやコンパニオンプランツ、果物、草花、ハーブなどと一緒に野菜を栽培しているので、農薬をまかなくても害虫が大発生することはない。アブラバチをはじめ、たくさんの天敵たちが害虫を退治してくれるからだ。
目下、ポタケでの最大の天敵は、この私「人間様」だけということになる。

アブラバチ

アブラバチ

アブラムシのコロニーとアブラバチ

アブラムシのコロニーとアブラバチ(赤丸)

○で囲んだのがアブラムシのマミー

赤丸で囲んだのがアブラムシのマミー