小春日和 ツクシ発見

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の秋は暖かい日が続いている。
農家では野菜が育ちすぎて困っているとか。ポタケで正月用に播いてあったコマツナも巨大化。冬菜用にまいたコマツナが程よい大きさになりそうだ。
ポタケの虫たちも元気に活動している。
今日はキタキチョウやモンシロチョウ、アカタテハの飛来も見た。オンブバッタやハラビロカマキリ、ハシリグモ、マミジロハエトリ、ナナホシテントウも動き回っている。
驚いたことに、隣の畑にツクシが出ていた。
また、露地のミニトマトの葉も青々としていて、実も赤くなっている。
今年は、このまま木枯らし一号も吹かないで終わりそうだ。

※画像をクリックすると拡大します。

ツクシ発生。

オンブバッタ(中央)とウリハムシ(右)。

カマキリ。

有翅アブラムシを補食中のナナホシテントウ。