アカジソ&アオジソ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アカジソの花とアオジソの花が菜園に咲いている。

 どちらも昨年のこぼれ種から生えてきたものだ。アオジソは夏の間、素麺の薬味に使ったり、キュウリやナスの塩もみに使ったりした。手巻き寿司をするときにも重宝する。

 シソは抗菌作用があるそうだから、体にはいいはずだ。店に売っているアオジソの葉(いつからか大葉という名称が一般的になってしまった)は、虫食いもなく、やわらかく緑もあまり濃くないが、菜園のは緑が濃く、硬めで、香りが強い。おまけにオンブバッタの食いあとか、あちこちに穴が開いている。

 市販の大葉は病害虫が出ないように徹底した防除をするので、かなり農薬が使われるとまえにどこかで聞いたことがある。それに対し、我が家の大葉は無農薬、直射日光の下で栽培しているから、そんな心配もない。安心して大量に食べられるからいい。

 シソの花は日が短くなると咲く習性がある。いわゆる短日植物だ。シソの花が咲く頃になると畑も秋野菜や秋冬取り野菜のまきどき、植え付けが始まる。暑かった夏も、もう終わりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sato より:

    似てます
    ホントにバジルと似てますね。
    ウチは青紫蘇だけ植えてるんですがどんどん
    食べちゃってるせいか花芽はちらほら・・
    です。スーパーで買ってきたものと菜園のでは
    味も香りも全然ちがいますね!
    菜園生活バンザイ!です

  2. ポタ より:

    sato さま
    そうですね。菜園やっている人にしか味わえない幸せですね!

  3. 菜園ブログ より:

    シソの花
    二つ並べて見ると、赤シソの花は赤見が強いですね。今年ブログで教わった「赤シソジュース」が美味しかったので、来年は赤シソを防虫網のトンネルの中で数株育てて、自家製の赤シソの葉で、ジュースを作ろうと思っています。内一株は花の咲くまで残して観察してみましょう。

  4. 吉ちゃん より:

    Unknown
    私の畑の青ジソも白い花が咲いています。
    赤ジソはアカジソジュースか梅干の時に利用するぐらいです。あと1本ぐらい青ジソジュースを作ろうと思っています。それを飲むと調子がいいんです。

  5. ポタ より:

    sasagawa さま
    青紫蘇ジュース今度作ってみようと思います。

  6. ポタ より:

    吉ちゃん さま
    アカジソとアオジソの成分は比較したことがありませんが、赤はポリフェノールか何かが多いんでしょうね。青はどんな効果なんでしょう。

  7. ミレイ より:

    紫蘇
    家の畑にも、今あちこちと赤紫蘇、青紫蘇の花が咲いています。
    赤紫蘇は、紫蘇ジュースを作った残りがあちこちと咲いています。
    青紫蘇は、これから実を収穫するために残してあります。
    ボタさんとおなじで、無農薬です。
    いっぱい太陽を浴びた紫蘇の葉、安心して食べられるのが、うれしいですよね。
    いつも勉強になります。ありがとうございます。

  8. ポタ より:

    ミレイ さま
    無農薬だと安心してたくさん食べられますね。
    私は、実がついたら絵でも描こうかと思ってます。

  9. かわせみ より:

    小さいけど
    小さいがこうして見るとなかなかいいですね。ご無沙汰でした。ここのところちょっと忙しく訪問遅れました。
    うちの店の中に不思議なきのこがでてきました。なんだか名前が分かりませんが、ホコリタケではなさそうですが。
    また見て下さい。

  10. ポタ より:

    かわせみ さま
    忙しいのにありがとうございます。
    マクロレンズで覗くと新しい世界が拡がりますね。

  11. かわいい花
    先ほどはコメントをいただきありがとうございました。
    シソの花もこうして見ると、かわいいです。
    ポタさんの絵も、とても素晴らしいですね。

  12. ポタ より:

    にゃんころりん さま
    訪問ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。