トウモロコシの雌穂と花粉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トウモロコシの雌穂が伸びてきた。
 このトウモロコシは、ふつうより早めにトンネル掛けして種をまいたもの。うまく発芽しなかったものもあったが、やっと雌穂が発生した。

 雌穂はたくさんの絹糸という雌しべが集まったもの。その1本1本は実につながっているので、全部の絹糸(シルク)に花粉がつく必要がある。

 写真は雌穂の一部。もう一枚の写真は、さらにその中の1本をクローズアップして見た。丸い粒々が雄穂から飛んできた花粉。

tomoro sisui

 雌穂の一部

tomoro sisui kafun

 雌穂の1本をクローズアップしてみた。丸い粒が花粉。
 絹糸には、花粉がつきやすいように、細かい毛が生えている。